生命保険以外の保障

世帯主の生命保険というのは、残された家族が収入を失った状態でも生活できるように少しでも保険金が受け取れるようにしたいと思うものです。
現実的に毎月保険料を支払っていくことを考えると収入に見合った保険料のものでありなおかつ必要な保障が受けられる保険に加入することが望ましいです。
そこで、自分たちの生活状況にあった保険を探すためには必要な保障額がどのくらいになるかを算出することが大切です。

必要な保障額は家庭によって異なります。
必要保障額に含まれるものとして、葬儀の費用が一般的に300万円から500他にも住宅費、家族の生活費、子供の学費といったものがあります。
生活費や子供の学費というと、子供が成人したり大学卒業までの費用となるためその金額の多さに不安になる人も多いです。
しかし、遺族が受けることのできる社会保障があるため、その全てを保険金で賄おうとする必要はないのです。

住宅ローンを組んでいる場合には多くの人が死亡時には家族が支払わなくても良いように団信保険というものに加入しています。
また、国民年金加入者は遺族年金を受け取ることができますし、世帯主が会社員であれば死亡退職金を受け取ることもできます。
これらは家族構成や会社の規約などで受け取れる金額が異なりますからそれらを確認して適切な保険金を算出してそれに合う保険に加入するようにしましょう。

生命保険選びのコツ

生命保険に加入する際に、多くの人は残った家族が不幸にならないように少しでも多い保険金を残したいと考えます。
お金はいくらあっても困らないものですから少しでも多くの保険金を残したいと思うものです。
しかし、受け取る保険金が多くなればなるほど支払う保険料が多くなります。
独身の頃は余裕があって支払えていた保険料も結婚したり子供が生まれたり、仕事の状況などが変われば支払えないような状況に陥ることもあります。

そのようなことになると、最悪の場合には保険料が支払えず解約をしなければならなくなってしまいます。
解約すれば今まで支払ってきた保険料が戻ってきませんし自分の収入に見合った保険を選ぶことが重要です。
解約しなくても、保険プランを変更することで今までの契約内容を引き継ぐこともできますからすぐに解約せずまずは保険会社に相談しましょう。

また、プランだけでなく保険会社の情報についても確認をする必要があります。
どれだけ魅力的で還元率の高いプランを打ち出してる保険会社でも経営不振になり保険金が支払えない状況になってしまっては支払ってきた保険料が戻ってこない状況になってしまいます。
そこで、プランや保険金の戻る率の高さだけで選ばず大手保険会社であったり、経営状態の安定している保険会社のものを選ぶということも重要です。

生命保険に加入する

世の中には保険会社がたくさんあり、それぞれが様々な保険の商品を取り扱っています。
ですからたくさんの保険会社や商品の中で自分に合ったものを探すのはとても大変なものです。
一昔前までは、保険の外交員の知り合いから勧められたものに加入するのが最も多い保険の加入方法でした。

しかし、最近はご近所付き合いや友人関係の希薄化、インターネットの普及で外交員から保険をすすめられて加入するという機会も減っています。
そこで、自分で保険会社に問い合わせたり、複数の保険会社が合同運営している窓口で相談をしたりして自分で選び取ることが増えています。

関連リンク-保険クリニック
保険について相談・見直しができる無料相談窓口です。

自分で保険を選ぶとなると、やはり多くの人が気になるのが保険料や保険金といったお金のことが最も気になるものです。
少しでも保険料の安いものに入りたいと考えますし、戻ってくる保険金は少しでも多いものに加入したいと思うのは当たり前のことです。
しかし、保険を決めるときにはそれだけで決めるのはとても危険です。
本当に家族に保険金を残したければ、パンフレットの数字にある保険料や保険金だけでなく商品についてや保険会社についてもしっかりと知った上で選ぶことがとても大切です。

そこで、ここでは家族に少しでも多く保険金を残すためにどのようなところに注目して保険を選べば良いかと、世帯主がなくなった場合どのくらいの保険金が残れば家族が安心して暮らせるのかという目安について紹介をしていきます。
これから生命保険を検討する人は是非参考にして家族にあった保険を見つけましょう。