月別アーカイブ: 2016年10月

生命保険に加入する

世の中には保険会社がたくさんあり、それぞれが様々な保険の商品を取り扱っています。
ですからたくさんの保険会社や商品の中で自分に合ったものを探すのはとても大変なものです。
一昔前までは、保険の外交員の知り合いから勧められたものに加入するのが最も多い保険の加入方法でした。

しかし、最近はご近所付き合いや友人関係の希薄化、インターネットの普及で外交員から保険をすすめられて加入するという機会も減っています。
そこで、自分で保険会社に問い合わせたり、複数の保険会社が合同運営している窓口で相談をしたりして自分で選び取ることが増えています。

自分で保険を選ぶとなると、やはり多くの人が気になるのが保険料や保険金といったお金のことが最も気になるものです。
少しでも保険料の安いものに入りたいと考えますし、戻ってくる保険金は少しでも多いものに加入したいと思うのは当たり前のことです。
しかし、保険を決めるときにはそれだけで決めるのはとても危険です。
本当に家族に保険金を残したければ、パンフレットの数字にある保険料や保険金だけでなく商品についてや保険会社についてもしっかりと知った上で選ぶことがとても大切です

そこで、ここでは家族に少しでも多く保険金を残すためにどのようなところに注目して保険を選べば良いかと、世帯主がなくなった場合どのくらいの保険金が残れば家族が安心して暮らせるのかという目安について紹介をしていきます。
これから生命保険を検討する人は是非参考にして家族にあった保険を見つけましょう。